Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

(続) Facebookのパスワードリセット機能のまとめ

Facebook Password

前回の記事では、複雑な Facebookのパスワードリセット機能についてまとめてみたのですが、引き続き調べてみるとおもしろいことがわかってきました。ということで続編です。(割とどうでもいいような細かいことが気になるんですよね。)

まずは前回の復習。私が知っている限り、Facebookは次のような方法でパスワードをリセットをすることができます。

1. 通常の方法
 1-1. Googleアカウントでログインする
 1-2. 登録しているメールアドレスにメールで確認コードを送る
 1-3. 登録している携帯電話に SMSで確認コードを送る
 1-4. コードジェネレータを利用する
2. 「セキュリティのための質問」に回答する
3. 友達の助けを借りる
 3-1. 「信頼できる連絡先」を事前に登録している場合
 3-2. 「信頼できる連絡先」を登録していない場合


前回の記事を書いていたときには、(2) と (3-1)、そして (3-1) と (3-2) はそれぞれ排他的であり、両方同時に有効になることはないと思いこんでいました。まあ普通に考えたらそうですよね。ところが実際には両方とも有効なアカウントが存在することがわかりました。驚愕の事実です。(こちらの記事にも間違いがあったので訂正してあります。)

そうなると一体どういうパターンが存在するんだと気になってきました。しかし個別のアカウントの設定項目を調べるだけでは限界がありますし、パスワードリセットのオプションがどういう条件で使えるようになるのかもはっきりしません。そこでいくつかのアカウントについて、パスワードリセットのどの方法が有効になっているのか具体的に調べてみることにしました。


(1)の通常の方法はどのアカウントでも利用できます。そうするとパターンとしては (2)、(3-1)、(3-2)の 3つのオプションがそれぞれ使えるか使えないか、全部で 8通りになるはずです。

パターン (1) 通常 (2) SQ (3-1) TC (3-2) GH 補足
パターン1 × × × SQもTCも未設定の状態。最近登録したアカウントのデフォルト。
パターン2 × × SQを設定した状態。
パターン3 × × TCを設定した状態。
パターン4 × SQとTCを両方とも設定した状態。
パターン5 × × パターン1との違いが生じる条件が不明。登録時期や設定内容によると推測。
パターン6 × パターン2との違いが生じる条件が不明。登録時期や設定内容によると推測。
パターン7 × パターン3との違いが生じる条件が不明。登録時期や設定内容によると推測。
パターン8 パターン4との違いが生じる条件が不明。登録時期や設定内容によると推測。

(SQ: Security Question, TC: Trusted Contacts, GH: Get Help From Friends)

Facebookの中の人でもない限り、これらのパターンがどの程度存在するのかなんてわかりません。しかしそもそも存在するのかしないのかくらいは、身近なところで調べればわかりそうです。というわけで、Facebookのお友達の中から適当に 100人選択して、上記のどのパターンに該当するのか調べてみました。結果は次のとおりです。

パターン 該当人数
パターン1 17
パターン2 43
パターン3 1
パターン4 5
パターン5 10
パターン6 21
パターン7 1
パターン8 2

調べたアカウントには当然偏りがありますし、数字そのものに特に意味はありません*1。しかしパターン8 (すべてのオプションが有効) という人がいたり、思っていたよりも (3-2) のオプションが有効な人 (パターン5, 6, 7, 8の 34人が該当) が多いことや、全部のパターンが存在するということがわかり、個人的には非常に興味深い結果が得られました。またこれは私の友達に限ってのことかもしれませんが、「セキュリティのための質問」を多くの人 (71人) が設定している一方、まだ比較的新しい機能である「信頼できる連絡先」を設定している人 (9人) は少ないですね。

みなさんも自分の Facebookアカウントが上記のどのパターンに該当するのか、ぜひご自身で確認されることをオススメしたいと思います。


(参考)
自分のアカウントの確認がしたい人向けに、具体的な確認手順を書いておきます。

0. 「パスワードを忘れた場合はこちら」をクリックし、メールアドレスや名前などを入力して自分のアカウントを特定する。

1. 「パスワードを再設定」の画面で、「上記アドレスが利用できない場合」をクリックする。
1-1. 「メールにアクセスしてください」の画面が表示される。 → パターン1
1-2. 「ご連絡」の画面が表示される。 → 2へ

2. 「ご連絡」の画面でメールアドレスを入力し、「続行」をクリックする。
2-1. 「友達を通じてアカウントを再開」の画面が表示される。 → パターン5
2-2. 「セキュリティのための質問に回答」の画面が表示される。 → 3へ
2-3. 「信頼できる連絡先に助けを求めましょう」の画面が表示される。 → 4へ

3. 「セキュリティのための質問に回答」の画面の表示を確認する。
3-1. 「回答が思い出せませんか? アカウントの再開を友達に手伝ってもらう」というメッセージが表示されている。 → パターン6
3-2. 上記のメッセージが表示されていない。 → パターン2

4. 直接次の URLにアクセスする。(現在の URLの trustedの部分を sqに書き換える)
ttps://www.facebook.com/recover/sq?cp=xxx@xxx.xxx (cpの値は 2で入力したメールアドレス)
4-1. 「アカウントにセキュリティのための質問が設定されていません。」というメッセージが表示されている。 →  5へ
4-2. 上記メッセージは表示されないが、「回答が思い出せませんか? アカウントの再開を友達に手伝ってもらう」というメッセージが表示されている。→ パターン8
4-3. いずれのメッセージも表示されていない。 → パターン4

5. 「セキュリティのための質問に回答」の画面の表示を確認する。
5-1. 「回答が思い出せませんか? アカウントの再開を友達に手伝ってもらう」というメッセージが表示されている。 → パターン7
5-2. 上記のメッセージが表示されていない。 → パターン3

*1:たとえば最近登録したようなアカウントばかりを調べれば、パターン1と3がほとんどになるはずです。

Remove all ads